メキシコ出身のリカルド・カスティーヨ(39歳)がキューバで撮影した「ワニ」の写真が凄いと話題になっている


a (8)


a (10)


a (9)


彼はカメラ一つで水中でワニと遭遇し、写真のために数十センチの距離まで近づいて撮影を行った


カスティーヨが使用したのは14mmの広角レンズであった


時々レンズがワニの歯に当たることもあったらしく、口の中まで撮影できたようだ


ワニは大体4メートルほどのサイズであったという

7:世界面白ニュース速報7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7


a (7)


a (6)


a (5)


a (4)


a (3)
7:世界面白ニュース速報7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7


a (2)


a (11)

7:世界面白ニュース速報7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7

彼は当初サメの写真を撮る予定であったが、代わりにワニが出現したためにこれらの写真を撮影するできた


この海では普段からワニとシュノーケルできるらしいが、ワニの正面か背後にいなければならず、側面に行くとワニに気が付かれて噛みつかれる恐れがある


カスティーヨは「無知な人や臆病な人には危ないとかクレイジーだとか言われるけど、僕が普段サメやワニと泳いでいるのは勇気があるからじゃなくて経験と知識があるからだよ」


「もちろん危険は伴うけど、ちゃんと訓練すれば野性の動物の行動を見るだけで何が起こっているか分かるんだ」


「いつ水から出るのが安全かしっかりと認識するのが大事だね」と語っている

7:世界面白ニュース速報7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7

以下、海外の反応です

・ワニが腹いっぱいじゃなかったら人肉を食ってるところだったな(ノルウェー)

・すげえ写真だな!どんな水中カメラなんだろう(アメリカ)

・小さいワニだな。177cmで54キロの俺はワニが襲ってきたら戦うぞ(モルディブ)

・「噛む」ことができそうなワニだな(イギリス)

・凄い写真だ。勇敢な写真家だな(イギリス)

・こいつらは俺らが思うよりも知能が高いのかもな(イギリス)

ソース

ランキングに参加中です、クリックお願いします!!!!