世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    微エロ

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/24(水) 00:04:04.54 ID:SEKAOMO
    安枝瞳、頑張りすぎたシーンに「ダマされたような感じ」

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2月21日、グラビアアイドル・安枝瞳さんの最新DVD『YOUR EYES~あなたの瞳~』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントが、
    秋葉原・ソフマップアミューズメント館で行われた。

    イベントコンパニオンとして自動車関連のイベントで絶大な人気を誇る安枝さんの11作目となる本作の撮影は昨年10月にタイで行われた。
    面積の小さいビキニで、魅力的なDカップのバストと、自慢のヒップラインを大胆に披露しているという。

    作品中では体力アップのために運動をするシーンが特に頑張ったといい「OKがかからなくて必死になってやり続けたんですが
    ”あんなにやる娘は初めてみた”って、あとからスタッフさんに言われてダマされたような感じです」と笑った。

    プライベートではゴルフに興味を持ちはじめたと言い「これをきっかけに出会いもあればいいかな。ホールではプレイしたことがなくて。
    まだ神宮外苑の打ちっぱなしで練習しています」とのことだった。

    安枝さんは同DVD発売イベントが2月27日にも大阪の信長書店・日本橋店で開催される。また、3月23日には安枝さんの初となる
    トレーディングカードも発売される。

    (続く)
    http://girlsnews.tv/dvd/262455

    【【これはあり?!】安枝瞳、頑張りすぎたシーンに「ダマされたような感じ」 これはソフマップだけどノーチェンジ!!!】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/20(土) 18:50:32.80 ID:SEKAOMO
     昨年ソロアイドルとして芸能界デビューし、19歳とは思えないロリータフェイスでファンの
    ハートをがっしりと掴んだ雪野みか(20)ちゃん。初めてのDVD『お兄ちゃん遊ぼ!』では、
    Dカップのおっぱいと大人びたボディ、そして10代の眩しすぎる肌を初披露してくれました!

     そんな彼女が、初めて秋葉原でDVD発売記念イベントを開催! 貴重な水着姿をたっ
    ぷりと激写してまいりましたよっと。

    「撮影の時は分からないことだらけでした…。セリフがいっぱいあって、全体的にぎこちな
    かったです。でも、撮影していくうちにグラビア撮影の楽しさを感じることができました。
    完成したDVDは、もちろん見ました! 普段自分を見ることってないので新鮮でしたし、
    面白かったです♪」

     いまは20歳になったみかちゃんですが、女子高生やヘタすれば中学生にも間違えら
    れるそうです。みかちゃんが気に入っているという幼稚園のシーンですが、園児にある
    まじき行為が盛りだくさん。親指やキャンディーをイヤらしく舐めたりしているのです。
    けしからんですね。まぁ、ロリっぽさの中にセクシーさ入れるというのは、みかちゃんの
    武器ですからね。そして、お風呂のシーンではさらに大胆になってしまったのだとか。

    http://www.menscyzo.com/2016/02/post_11478.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像あり】20歳の合法ロリグラドルが登場。女子中学生に間違われることも】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/20(土) 19:30:34.05 ID:SEKAOMO
     オネエアイドルユニット「カマちゃん倶楽部」のメンバーでグラビアアイドル、たけうち亜美
    (28)が20日、東京・秋葉原のソフマップモバイル館でDVD「セカンド・ラブ」
    (グラッソ、4104円)の発売イベントを行った。

     2枚目となる本作は、昨年の夏頃に千葉で撮影され「1作目が『ファースト・ラブ』だったの
    で、分かりやすく『セカンド・ラブ』にしましょうと提案して、台本を読んだら不倫の話だった。
    2日間で1000回くらい課長ってセリフを言った。『こういうの好きなんですね、課長』みたい
    な。でも不倫したことないから楽しかった」と振り返った。

     「サスペンダーで、限界まで隠しているシーンは、すごく撮影に苦労した。苦労の賜物だか
    らぜひ見て欲しい。カットになるけど、ほぼポロリしてた」とオススメのシーンを挙げてPR。
    次回作では、「学園モノがした。学生時代は学ランだったので、制服を着てみたい。あと非現
    実的なコスプレがしてみたい」と意欲を語った。

     所属するカマちゃん倶楽部は「ニューハーフでもアイドルができるぞ」という無理矢理な
    コンセプトで、昨年の四月からライブ活動やニコ生の番組で活動する5人組ユニット。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20160220/gra16022018550004-n1.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像あり】 空レスを追加】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/18(木) 19:26:03.62 ID:SEKAOMO
    ATTACKERS @attackers_av
    今日は希美まゆちゃん現場ですー。歯磨きしてるのんちゃんが可愛かったので一枚撮らせてもらいましたー(^ω^)
    no title

    https://twitter.com/attackers_av/status/700181833959342080

    【【画像あり】エロい女が歯磨きしてる画像wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      この記事をシェアする
    no title


    1: せかおも 2016/02/17(水) 01:49:27.89 ID:SEKAOMO
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000046-jij_afp-int
    【AFP=時事】四肢の神経がまひする病気で5年前から車いすに座りきりとなっているチェコ人の
    トマス・ピク(Tomas Pik)さん(26)は、人生への渇望をまったく失っていない──。

     病気を患って以降、自らの性的欲求と向き合う際には性風俗産業に頼ってきたというピクさん。
    しかし、ピクさんが珍しい神経疾患である「フリードライヒ運動失調症」の患者であることを知ると、
    対応してもらえず、拒否されるケースも多々あったという。

     初めて症状が出たのは約10年前。「障害があると自信を十分持てないし、拒否されたときは、
    ものすごく落ち込む」と首都プラハ(Prague)でのAFPの取材で語った。同国では、いわゆる「売春」は違法ではない。

     しかしこのたび、断られる心配のない、障害者のための新たなサービスがチェコに誕生した。
    ここの「性的介助者」たちは、利用者の身体的な欲求を満たすことはもちろん、
    障害者が自らの性と向き合い、付き合っていくことを支援するための訓練も受けている。

     欧州連合(EU)で性的介助サービスを導入したのはオランダが草分けで、デンマークやフランス、
    ドイツ、スイスが後に続いた。EU内の旧共産主義国としては、人口1050万人のチェコが最初だ。

     性産業に携わる女性たちのための支援団体「Rozkos bez rizika(リスクのない快楽)」代表、
    ルツィエ・シドバ(Lucie Sidova)さんによると、スイスのパートナー団体から得たノウハウを基に、
    性的介助サービスを開始するまでには約2年を要したという。

     AFPとのインタビューで、「この国では障害者の性はタブーだ」と眼鏡越しに語るピクさん。
    性的介助者たちについては、顧客を確保するために活動しているのではなく、
    その利用者が恋人を見つける手助けをしてくれるのだと、ぎこちなく持つコップからコーヒーをすすりながら説明した。
    慈善事業のリサイクルショップで働く傍ら、性的介助者の利用を促すページを
    フェイスブック(Facebook)に立ち上げており、広く情報を発信している。

    「性的介助者の仕事は、障害者に自分の性と関わる方法や、いわゆるアダルトグッズの使い方や
    マスターベーションの方法を教えることだ。そういったことを障害者に話す人は(他に)誰もいない」(ピクさん)

    ■性について「伝授」
     性的介助サービスは多様で、なかには性交が含まれるものもあるが、マッサージやアドバイスに制限したものもある。

     シドバさんの組織で働く、同市出身のイバさんは「私は性交やオーラルセックスはしない」と話す。
    タッチやハグ、そしてキスや裸になることで性について「伝授」しているのだという。

     1回のサービス利用料金を1200コルナ(約5700円)としているイバさん。障害のある人については、
    「抑え込まれた性的エネルギーでいっぱいなことが多い」ため、衝動的だったり攻撃的だったりするケースもあると説明する。
    しかし「体内で感じられる最も強いエネルギーでもある性的なエネルギーを開放することで、
    雰囲気が和らぎ、付き合いやすくなる」と続けた。

     チェコでは、性的介助サービスは合法で広告も出せるが、介助者から利用者に直接連絡を取らせることは違法。
    シドバさんたちの組織も慎重に活動を続けている。サービスはまだ始まったばかりで、1月のイバさんの
    顧客も2人だけだった。だが、シドバさんは将来的には男性も含め、さらに介助者を増やしていくつもりだという。

     同支援団体宛てに、サービスを利用した男性から感謝の手紙が1通届いた。長年、パートナーを
    求めていたという男性からのもので、手紙には「自信をつけることができた。『次の回』は必要なくなった」と書いてあった。
    その理由は、最近ガールフレンドができたためだったという。【翻訳編集】 AFPBB News

    【【国際】チェコで障害者のための性的介助サービス、支援団体立ち上げ】の続きを読む

    このページのトップヘ