世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    仰天ニュース

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/03/11(金) 19:03:02.65 ID:SEKAOMO
    こちらは、南アフリカのクルーガー国立公園で発見されたピンク色のゾウ。
    ピンク色のゾウなんて、なんだかおとぎ話の世界ではありますが実際に見てみると・・・確かにピンク色です!
    本当に外の色と溶けこんで、なんなら透明色担っているのではないかと思えるほどですが
    いったいこの小象は何故ピンクなのだろうか。

    どうやらこのピンク色の小象は、「アルビノ」らしく、突然変異で生まれたようだ。
    アルビノの生物は人間でも生まれるが、自然界で生まれてしまうと非常に厳しい未来が待っている。
    日光に当たりやすく皮膚病などのトラブルはおろか、他の外敵からも狙われやすい。

    もちろん我々人間がフォローしてあげたいのですが、自然に手を出さないのが人間のオキテ。
    このまま無事に生き延びるのを見守るしか無いのです。
    ああ、なんとか生きてくれ!ピンク象

    http://news.infoseek.co.jp/article/sunday_5020634/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【動物】ピンク色のゾウが発見される?!?!?!?!??】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/03/08(火) 09:42:12.66 ID:SEKAOMO
    no title


    分煙や路上喫煙の禁止など、タバコへの規制が進む昨今。嫌煙家の中には「まだまだ甘い」と考える人もいるだろうが、
    一方で愛煙家はかつてよりかなり肩身の狭い思いをしているはずだ。

    今では考えられないが、1998年3月に自主規制が行われるまでタバコの商品広告はテレビCMでも流されていた。
    2003年に世界保健機関(WHO)で採択された「たばこ規制枠組み条約」以降、その規制はさらに強化されている。

    今後、「オトナの嗜み」の中で別の何かが規制されることはあるのだろうか? その標的になるのは…? しらべぇ編集部では全国の男女1332名に予想してもらった。

    ■圧倒的1位は「出会い系」
    no title


    「何も規制強化されない」という意見も2割に迫ったものの、それ以外の上位は「出会い系」「お酒」「パチンコ」とさまざまな問題が指摘されるものが並んだ。

    http://sirabee.com/2016/03/08/93646/

    【【納得?!?!】タバコの次に規制されるものを予想!風俗をこえた圧倒的1位は… [209847587]】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/03/02(水) 13:41:06.90 ID:SEKAOMO
    アダルトビデオ(AV)を購入する男性客たちが店内で盗撮され、Twitterで晒し者にされていたことが、
    読者からの情報提供で発覚した。
    (略)
    AVを手にとってパッケージを見ている男性を横から盗撮した画像を掲載して、「AVってそんな真顔で真剣に
    選ぶもんなん?」とツイートした。
    no title

    その3日後、再び店内での盗撮を決行。今度は複数の男性を晒し者にして、「本日わ5人のお客様が右手のおかずを
    物色中でございまーす」と嘲笑した。昨年末には、忘年会での迷惑行為を自慢。「生卵投げたり30人入って
    シャンパンとか開けたのに金いらんから店出てください言われたりいろいろ最高だね!」と画像付きでツイートしている。
    no title

    no title

    no title

    昨年10月末には、入浴時に性器を露出した画像を撮影して公開していた。また、4月に友人たちと撮影した画像では、
    公園内で下着を下ろして尻を丸出しにする様子が写っている。
    (略)
    no title

    この人物は本名でツイートしていたばかりか、過去の発言等から株式会社上組に勤務していることも判明した。
    ツイート内容には、勤務先や同僚への罵詈雑言の類も数多くある。例えば、「新日鐵住金様のゴミ回収が仕事です 
    座ってレッカーの合図してるだけ こんなコジキみたいな仕事受けんでえーのに。笑」などと書いている。
    「なんで上組ってこんなコジキみたいな仕事しか取れへんのかな?」、「ブラックどころか漆黒の上組やからな!」
    といった発言もある。今年2月末には、「年末から4月までで10人も会社辞める企業が世間でわ一部上場企業とか
    ゆわれとるとかバカみたいですな!」とツイートしていた。
    当サイトでは、株式会社上組の人事部に連絡を取った。担当者によると、本件については全く知らなかったという。
    そこで、問題視されている主要な点や、発覚に至る経緯を伝えた。ツイート内容に関して、事実関係も含めて
    確認するとのことだった。
    (略)

    記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/48702

    【【バカッター】AVを購入する男たちをDQNが店内で盗撮して晒す「右手のおかずを物色中でございまーす」】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/22(月) 21:01:05.40 ID:SEKAOMO
    THIS is the shocking moment a woman appears to use a train station photo booth
    as a TOILET.

    Instead of posing for a photo, the woman seems to have her trousers down -
    exposing her bare bottom over the edge of the seat.
    While it is unclear exactly what she is up to, she appears to start ‘wiping’
    with tissues and dropping them on the floor behind her - apprently using the
    booth as a makeshift loo.

    The footage was taken at Paris's Gare de Lyon Station and posted on LiveLeak
    by 'plokiju'.
    http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/features/6947513/Woman-filmed-using-a-photo-booth-as-a-TOILET-in-busy-train-station.html
    no title

    ビデオ
    https://www.youtube.com/watch?v=n6V_O1Y45Do


    【【嘘だろ…】駅の証明写真を撮る所でウンコしてる女がいたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      この記事をシェアする
    no title


    no title


    no title

    1: せかおも 2016/02/22(月) 20:53:43.22 ID:SEKAOMO
    オーストラリアの男性が、こん睡状態から目覚めた瞬間、それまで得意ではなかった中国語を流ちょうに話すようになり話題になっている。
    しかも、美人の中国人弁護士と結婚する幸せぶりだ。
    まさに脳の神秘で、専門家は「目覚めた時に最初に見た人間が、キレイな中国人看護師だったので、脳の中で新しい中国語回路が目覚めたのでは」というのだが......。

    ■美人看護婦のおかげで中国語のスイッチが

    このラッキーな男性は、メルボルン在住のベン・マクマホンさん(24歳)。
    2012年に大きな交通事故に遭い、1週間こん睡状態に陥った。
    病院で目覚めると、突然中国語(北京語)をペラペラ話すようになり、周囲を驚かせた。
    高校時代に少し中国語を勉強、その後、中国をバックパックで旅行、北京に短期留学をした経験はあるが、中国語が堪能とはいえなかった。

    会話だけでなく、思考や夢まで中国語で考え、見るようになった。
    その代わり、母国語の英語をすっかり忘れて、両親は、息子と話すために中国語を勉強しなくてはならないのかと真剣に悩んだほどだ。
    ただし現在は、少しずつ英語を思い出し、日常会話ができるまでに回復している。

    それにしてもなぜ、急に中国語を話すようになったのか。
    マクマホンさんは、地元メディアのインタビューにこう話している。

    “「(病院で目覚めた時)目の前にキレイな中国人女性(看護師)が立っていました。
     一瞬自分は中国にいるのだと思いました。何か話さなくてはと思ったら、
     『何が起こったのですか? こことここが痛いです』と自然に中国語が出ていました。
     そして紙とペンを取ると、『お父さん、お母さん、愛しています。早く回復したい』と中国語(漢字)で書き綴っていました」

    この話を聞き、脳の専門医は地元メディアの取材にこう説明している。

    “「マクマホンさんには中国語の下地があった。こん睡状態の間に脳の言語スイッチが入れ替わり、目覚めた直後に初めて見た女性の存在が、
     脳の新しい言語スキル(中国語)の引き鉄を引いたと考えられます」

    ■悲劇が幸福を生む「塞翁が馬」のことわざ

    マクマホンさんはその後、メルボルン大学に入り、中国語を専攻。
    地元テレビ局の中国語放送のお見合い番組に出演したのが縁で、シドニーで弁護士をしている中国系の風水郭さんとパートナーになった。
    この人も美人だ。

    現在、中国旅行ツアーを案内したり、地元の中国語放送のホストをしたり、中国語を生かす仕事をしている。
    そして、「中国にはいいことわざがある。『悲劇から素晴らしい何かが次々と起こる』(人間万事塞翁が馬)。それが私です」と語っている。

    http://www.j-cast.com/healthcare/2016/02/20258774.html
    http://www.j-cast.com/healthcare/2016/02/20258774.html?p=2

    このページのトップヘ