世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    仰天ニュース

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/22(月) 21:01:05.40 ID:SEKAOMO
    THIS is the shocking moment a woman appears to use a train station photo booth
    as a TOILET.

    Instead of posing for a photo, the woman seems to have her trousers down -
    exposing her bare bottom over the edge of the seat.
    While it is unclear exactly what she is up to, she appears to start ‘wiping’
    with tissues and dropping them on the floor behind her - apprently using the
    booth as a makeshift loo.

    The footage was taken at Paris's Gare de Lyon Station and posted on LiveLeak
    by 'plokiju'.
    http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/features/6947513/Woman-filmed-using-a-photo-booth-as-a-TOILET-in-busy-train-station.html
    no title

    ビデオ
    https://www.youtube.com/watch?v=n6V_O1Y45Do


    【【嘘だろ…】駅の証明写真を撮る所でウンコしてる女がいたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      この記事をシェアする
    no title


    no title


    no title

    1: せかおも 2016/02/22(月) 20:53:43.22 ID:SEKAOMO
    オーストラリアの男性が、こん睡状態から目覚めた瞬間、それまで得意ではなかった中国語を流ちょうに話すようになり話題になっている。
    しかも、美人の中国人弁護士と結婚する幸せぶりだ。
    まさに脳の神秘で、専門家は「目覚めた時に最初に見た人間が、キレイな中国人看護師だったので、脳の中で新しい中国語回路が目覚めたのでは」というのだが......。

    ■美人看護婦のおかげで中国語のスイッチが

    このラッキーな男性は、メルボルン在住のベン・マクマホンさん(24歳)。
    2012年に大きな交通事故に遭い、1週間こん睡状態に陥った。
    病院で目覚めると、突然中国語(北京語)をペラペラ話すようになり、周囲を驚かせた。
    高校時代に少し中国語を勉強、その後、中国をバックパックで旅行、北京に短期留学をした経験はあるが、中国語が堪能とはいえなかった。

    会話だけでなく、思考や夢まで中国語で考え、見るようになった。
    その代わり、母国語の英語をすっかり忘れて、両親は、息子と話すために中国語を勉強しなくてはならないのかと真剣に悩んだほどだ。
    ただし現在は、少しずつ英語を思い出し、日常会話ができるまでに回復している。

    それにしてもなぜ、急に中国語を話すようになったのか。
    マクマホンさんは、地元メディアのインタビューにこう話している。

    “「(病院で目覚めた時)目の前にキレイな中国人女性(看護師)が立っていました。
     一瞬自分は中国にいるのだと思いました。何か話さなくてはと思ったら、
     『何が起こったのですか? こことここが痛いです』と自然に中国語が出ていました。
     そして紙とペンを取ると、『お父さん、お母さん、愛しています。早く回復したい』と中国語(漢字)で書き綴っていました」

    この話を聞き、脳の専門医は地元メディアの取材にこう説明している。

    “「マクマホンさんには中国語の下地があった。こん睡状態の間に脳の言語スイッチが入れ替わり、目覚めた直後に初めて見た女性の存在が、
     脳の新しい言語スキル(中国語)の引き鉄を引いたと考えられます」

    ■悲劇が幸福を生む「塞翁が馬」のことわざ

    マクマホンさんはその後、メルボルン大学に入り、中国語を専攻。
    地元テレビ局の中国語放送のお見合い番組に出演したのが縁で、シドニーで弁護士をしている中国系の風水郭さんとパートナーになった。
    この人も美人だ。

    現在、中国旅行ツアーを案内したり、地元の中国語放送のホストをしたり、中国語を生かす仕事をしている。
    そして、「中国にはいいことわざがある。『悲劇から素晴らしい何かが次々と起こる』(人間万事塞翁が馬)。それが私です」と語っている。

    http://www.j-cast.com/healthcare/2016/02/20258774.html
    http://www.j-cast.com/healthcare/2016/02/20258774.html?p=2

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/22(月) 20:22:43.43 ID:SEKAOMO
    For the last 20 years, people have been coming to The Bagel Store in Brooklyn, New York, to have a taste of the world’s most beautiful bagel.
    Aptly named “Rainbow Bagel”, the unique treat looks more like Play Doh than actual food, but reportedly tastes much, much better.

    Scott Rosillo, the “world’s premier bagel artist” and owner of The Bagel Store, is the mastermind behind the popular rainbow bagel.
    “It’s an absolute labor of passion and art,” he said during a video interview with Insider Food.
    “A tremendous amount of discipline is required to make the world’s most beautiful bagel”.
    The process is apparently so complex that the store only makes about 100 of them every five hours.
    Rosillo says that he and his team can make 5,000 ordinary bagels in the same amount of time.

    http://www.odditycentral.com/foods/the-worlds-most-beautiful-bagel.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【アメリカ】世界で一番美しいベーグル=すげぇ 食いもんがレインボーやんか】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/02/20(土) 21:07:12.52 ID:SEKAOMO
    米国フロリダ州、ヒル=グスタット中学校の女理科教師ステイシー・リン・ホックス(38)は
    14歳の男子生徒と性的関係を持った疑いで木曜日に逮捕された。

    警察によると、ホックスと男子生徒の関係は2015年5月に始まり、今年の2月5日まで続いた。
    その間に、性交を3回し、口を使った淫行を2回したという。

    男子生徒の携帯からは、ホックスのヌード画像2点とお尻のコラ画像1点が見つかっている。

    ホックスは教師暦15年のベテラン。
    現在は休職中となっており、捜査の結果によって解雇されるものとみられる。

    no title

    http://www.dailymail.co.uk/news/article-3455667/Middle-school-teacher-sex-five-times-14-year-old-male-student-collage-buttocks-phone.html

    【【国際】中学校の女教師、14歳の男子生徒と性交し逮捕 生徒の携帯から容疑者のヌードやお尻の画像 米国フロリダ州(写真あり)】の続きを読む

      この記事をシェアする
    no title


    1: せかおも 2016/02/15(月) 17:53:18.04 ID:SEKAOMO
    米サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ(金門橋)でこのほど、歩行者2人が吹き矢の
    ような物で撃たれる事件があった。地元警察が市民からの情報提供を求めている。

    カリフォルニアハイウェイパトロール(CHP)によると、事件が起きたのは12日午後。撃たれた
    2人は橋の上を歩いていた。現場で救急隊員の診断を受けてから立ち去ったという。

    CHPの報道官は「こんな出来事は聞いたことがない」と語った。

    CHPは、2人がいた場所や時間の特定を急いでいる。矢は長さ12.5センチ前後で、片方の先が
    鋭くとがっていた。どのように発射されたのかは明らかでない。表面に化学物質が塗られて
    いなかったか、当局が確認している。

    当局はさらに、現場を撮影した映像がないかどうかを調べるとともに、目撃者はCHPまで
    連絡してほしいと呼び掛けている。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/usa/35077865.html

    【【海外】ゴールデンゲートブリッジで歩行者に吹き矢、警察が捜査?!?!】の続きを読む

    このページのトップヘ