世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    仰天ニュース

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/01/21(木) 13:44:08.68 ID:SEKAOMO
    アラブ首長国連邦(UAE)のある警察官は、スペイン1部リーグのFCバルセロナに所属するスーパースター、
    リオネル・メッシのパスポートが映った動画をソーシャルネットワーク(SNS)に投稿したことで、少なくとも禁錮6月を言い渡されるかもしれない。

    現地の報道によると、事件は昨年12月にドバイの空港で発生した。
    メッシはその年の最優秀チームと選手に与えられるグローブ・サッカー・アワードの授賞式に出席するため、飛行機でUAEに降り立った。

    問題の警察官は、一緒に写真を撮ってほしいと申し出たが、長時間のフライトで疲れているからとの理由でメッシに断られたという。

    「その後、出入国管理場に行ったら、そこにメッシのパスポートが置いてあることに気付いた。
    だからそれを手に取って、メッシのパスポートを持っている自分の動画を撮影した」と警察官は話す。

    彼はその動画を、送った写真や動画がすぐに消える機能を持ったメッセージアプリ「スナップチャット(Snapchat)」に投稿。

    「これはメッシのパスポートだ。彼は現在ドバイにいる。どうしたらいい? 
    燃やしてやるか、それとも黙って返そうか。オーケーオーケー、行っていいよ! 」と書き込んだ。

    警察官は裁判所に出廷し、
    「メッシのパスポートの詳細をSNSに投稿するという間違いを犯したことを認め、有罪を受け入れた」という

    報道によれば、警察官には最低でも禁錮6月、
    最大で50万ディルハム(約1600万円)の罰金が科される可能性がある。

    検察側は、警察官を「電気通信システムの不正使用」で起訴し、
    さらには「メッシのプライバシー侵害」でも罪を問うとしている。判決は来週にも下される予定だ。

    1月21日(木)13時34分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00000030-jij_afp-socc

    写真
    no title

    【【サッカー】メッシのパスポートをSNSに投稿!禁錮6月または罰金1600万円の可能性】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/01/21(木) 13:36:50.96 ID:SEKAOMO
    韓国の重量挙げの英雄による暴行事件が新年早々の韓国スポーツ界にを与えている。

    韓国メディアによると、2008年北京五輪男子重量挙げ金メダル、サ・ジェヒョク(31)が昨年12月31日、後輩を30分以上にわたって暴行、
    左目下の頬骨を陥没させる全治6週間の重傷を負わせた。

    警察は暴行容疑で立件。重量挙げ連盟は迅速に対処。資格停止10年という異例の厳罰を下し、
    サは今年8月のリオデジャネイロ五輪に出場できなくなっただけでなく、事実上の引退に追い込まれた。

    韓国スポーツ界では昨年から暴行事件が頻発している。韓国政府は14年から八百長や選手暴力などを「スポーツ4大悪」とみなし、
    報酬制度を導入して根絶に取り組んでいるが、実効性が上がっていないことを物語る。

    朝鮮日報(電子版、1月4日付)は「韓国のエリートスポーツ選手たちの間に蔓延する暴力問題がまたも頭をもたげた」と嘆いた。

    中央日報などによると、サ・ジェヒョクは12月31日午後11時ごろ、江原道春川市内の居酒屋で大学の後輩のファン・ウマン(21)を暴行し、重傷を負わせた。
    サは居酒屋で忘年会をしており、ファンを同席者に呼び出させていた。サは警察の事情聴取に対し、昨年2月にファンをビンタしたことで関係がギクシャクしていた。
    誤解を解くために呼んで話をしたが、「感情が高ぶってつい手が出てしまった」(朝鮮日報)と供述したというが、30分以上は「つい」ではなく「執拗」といえる。ファンは1月4日に手術を受けた。

    サは1月1、2日と病院に行き、ひざまずいて謝罪したが、ファンの家族は誠意が感じられず、示談も考えられないと断固とした態度を示しているという。

    韓国重量挙げ連盟は4日、選手委員会を開いて「資格停止10年」の処分を下すことを決めた。
    傷害や暴行で1~2年の資格停止処分の例はあるが、10年は「突出して重い」(朝鮮日報)処分だが、委員7人の満場一致だった。ネット上には選手資格剥奪の署名運動まで行われたという。

    それだけ深刻なケースだと受け止めたことがうかがえる。韓国スポーツ界では昨年、プロ野球選手による賭博事件、バスケットボール界などでの八百長・違法賭博が発覚し騒動になった。
    さらに韓国のお家芸といえるスピードスケート・ショートトラック韓国代表で13年世界選手権覇者のシン・ダウンによる後輩殴打や、韓国柔道連盟での会長による株組織の会長暴行事件、
    リュージュの元代表選手がコーチに何度も暴行を受けたとして損害賠償を求めるなどが表面化し、暴行事例が後を絶たなかった。

    韓国・文化体育観光部は14年3月、八百長▽不公正判定▽選手暴力▽不正入試-をスポーツ界の4大悪と認定し、
    根絶に寄与した場合には100万(10万円)~300万ウォン(30万円)の報奨金をスポーツ4大悪申告センターを通じて提供を開始した。

    しかし、昨年の例を見ても奏功したとは言い難い。朝鮮日報は要因として
    「曲がったスター意識やプライド」「暴力を後輩への教育と考える風潮」「甘い処分」という専門家の分析を紹介していた。

    儒教の影響の強い韓国社会では“長幼の序”は避けがたいものだ。
    後輩への体罰は指導という観点から当然とみなされる風潮があると朝鮮日報は指摘。

    「幼い頃からスポーツばかりに没頭する韓国の一流アスリートたちの厳しい上下関係、
    それに伴う暴力的な風潮という弊害」が暴行・傷害問題の根底に存在しているというのだ。

    スポーツ4大悪申告センターという公的機関を設置して体裁を整えても選手、指導者の根本的な意識を変えない限り、問題は途絶えるはずがない。
    重量挙げ連盟関係者が「要するにスポーツ界に蔓延する暴力的な風潮がずっと受け継がれてきたということだ」(朝鮮日報)とうそぶく言葉が自浄能力のなさをうかがわせないか。

    「暴力はどんな理由でも正当化されることはできない」などと書き込むネットユーザーのほうがよほど真っ当に思える。

    2016.1.21 08:00
    http://www.sankei.com/premium/news/160121/prm1601210001-n3.html

    【【重量挙げ】衝撃!韓国の金メダリスト、後輩を30分以上にわたって暴行 左目下の頬骨を陥没させる全治6週間の重傷】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/01/20(水) 15:38:21.84 ID:SEKAOMO
    行き先は黄泉の国?リトアニア人デザイナーが手がけた「安楽死ジェットコースター」の是非
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    「そのボタンを押したら、楽に逝ける。」
    高度500メートルの高さで風を受けながら、あなたは一人きりで最後の選択を迫られる。
    あなたはジェットコースターの黒い椅子に座っているのだ。
    最も高い位置にゆっくりと上がるまでの孤独な2分間に、自分の人生を振り返ったことだろう。
    そして、頂点で動きが止まり、最後の選択が自分に委ねられている。
    「FALL」と印字されたボタンを押しさえすれば、そのジェットコースターは猛スピードで
    あなたを黄泉の国に連れて行ってくれるのだ。
    それが、『Euthanasia Coaster』(安楽死のコースター)だ。

    ▼10Gの重力加速度で「脳死」に至る

    この『Euthanasia Coaster』は、遊園地のデザイナーでもある
    Julijonas Urbonas氏が設計したジェットコースターだ。
    まだ設計段階であり、実現はしていない。

    動画:https://youtu.be/lSEXmhldXQE



    作りは非常にシンプルで、500メートルの高さから一気に下ると、後は7回分の宙返りループが待ち受けているだけだ。
    乗り物も、黒い座席がひとつだけである。つまり一人乗りだ。
    非常にシンプルだが、頂点から下るときは、毎秒100メートル(時速360キロ!)で落ちていく。
    その最高速度のままループに突入すると何が起きるのか。
    10Gという強烈な重力加速度がかかることで、脳内の血液は全て下半身に向かって移動してしまい、
    まず視覚を喪失し、すぐに脳低酸素症となり脳が窒息死する。
    叫び声を上げている暇もないかも知れない。しかし安らかな瞬死だ。
    ループは7回分あるが、恐らく最初のループを通過する際にこの世とはお別れしているので、
    残りの6回転は遺体が猛スピードで振り回されているに過ぎないだろう。
    したがって、叫び声を上げているのは、地上で見守る人たちだけだ。
    総走行距離は7,500メートル。2分掛けて上り、1分で下る。
    Julijonas Urbonas氏の設計では、500メートルの頂点で、本人が「FALL」ボタンを押すことで
    最後の選択を自らに行わせる、ということがエレガントなのだろう。
    誰かに殺されるわけでも、病に冒されてもがき苦しみながら逝くのではない。自らの選択の結果として死ぬからだ。
    それが、デザイナーとしての、氏の美学なのかもしれない。
    しかし、当然この『Euthanasia Coaster』は賛否両論を招いた。
    まず、本当に安楽死できるのかどうか。恐怖に歪んだ顔のまま死ぬ可能性も高いし、糞尿にまみれた遺体になる可能性もある。
    そして何より、安楽死自体を認めるのかどうか、という問題がある。
    ちなみに日本では、医師が行う積極的安楽死については刑法上の殺人罪になるが、
    自ら「FALL」ボタンを押せる『Euthanasia Coaster』の様な安楽死は、果たしてどう判断されるのだろう。
    日本でも安楽死を法的に認めるべきだとする人たちは、延命することで心身の耐えがたい苦痛が伴うことは、
    虐待や拷問と同じであるため、自ら死を選べるべきだとしている。
    個人的には、容認派の主張に共感する。
    しかし反対派は、安楽死が認められてしまうと、死ぬことの圧力を掛けて、
    追い込みやすい環境ができて悪用できてしまうと言う。
    それも一理ある。
    海外では、積極的安楽死を認めているのは米オレゴン州、米ワシントン州、米モンタナ州、
    米バーモント州、米ニューメキシコ州、米カリフォルニア州、スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグとなっている。
    幸運なことに、「FALL」ボタンを押せるのは、一度きりである。

    写真:
    no title

    no title

    no title


    FUTURUS(フトゥールス) 2016年1月20日
    http://nge.jp/2016/01/20/post-130584
    http://nge.jp/2016/01/20/post-130584/2
    http://nge.jp/2016/01/20/post-130584/3

    【【話題】行き先は黄泉の国か?リトアニア人デザイナーが手がけた「安楽死ジェットコースター」の是非(画像あり)】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/01/20(水) 16:29:58.62 ID:SEKAOMO
    ロシア・ザバイカリエ地方

    2015年12月15日、ザバイカリスク地区にある村で起きた事件です
    31歳の男性がインターネットを介して入手した合成麻薬スピードを服用し、強い幻覚作用に襲われた彼は
    生後3ヶ月の娘の胸を引き裂き心臓を食べたそうです

    彼の妻の証言で殺人が行われた朝、彼は悪霊の話をずっとしながら家の中をあてもなく歩いていたという
    彼はボトルを掴み娘の頭を打ち、壁に叩き付けたりしていました。それから彼は娘の体を引き裂き心臓を食べたという
    そして彼は娘の死体を妻の腹に押し当て復活の儀式を行おうとした

    逮捕後、彼はその日に起きたことは全て覚えており悪魔のような生物を想像していたと証言
    地元当局は麻薬ルートを調査中
    no title

    no title

    http://gazeta-n1.ru/news/38428/
    リンク先に犯人が何か叫んでいる動画あり
    http://www.issoebizarro.com/blog/mundo-bizarro/pai-que-matou-sua-filha-recem-nascida-e-comeu-o-coracao-da-crianca-esse-conteudo-e-chocante-cuidado/

    【【超閲覧注意】自分の娘の心臓を食べるロシア人、これこそ究極の愛なんだよなぁ・・・】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2016/01/20(水) 16:27:26.50 ID:SEKAOMO
    鍵の写真を撮影しLINEで注文出来る『合鍵工場』が話題になっている。これは合鍵を作成したい元の鍵を撮影し
    『合鍵工場』に送ることにより合鍵を作ってくれるというサービス。

    わざわざ鍵屋さんまで出向かなくてもネット上から注文でき、2週間ほどで家に届くという。
    しかしこれをLINE行っているサービスと勘違いしている人が多く、“LINE叩き”が行われている。

    そもそも『合鍵工場』はLINE以外にもメールでもやりとりを行っており、LINEは『合鍵工場』自らが作成したアカウント。
    それをLINEと提携したサービスかのように拡散してしまっているのだ。

    LINEが自ら行っているサービスはタクシーの迎車や『LINE Pay』、『LINE バイト』などがあるが、
    この合鍵作成サービスはLINE側は一切関与していない。あくまで『合鍵工場』が注文のやりとりに
    LINEを活用しているだけという話である。

    LINEとは関係無く、『合鍵工場』というサービスのセキュリティを問題視する声も挙がっており、
    「他人の鍵を一瞬でも撮るチャンスがあれば合鍵作れるな」「本人確認どうやってるの?」など
    心配することは別にありそうだ。
    合鍵の作成は多少面倒でも、鍵屋さんに行った方が良さそうである。

    http://gogotsu.com/archives/14742
    no title

    関連
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1453030245/

    【【ひえ~】鍵の写真を撮りLINEで注文できる『合鍵工場』が話題に → 何故かLINEが叩かれる流れに】の続きを読む

    このページのトップヘ