世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    感動

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/12/19(土) 10:24:18.91 ID:SEKAOMO
    “絶食”の深海生物 餌を食べる姿を撮影

    名古屋市の水族館が、餌をあまり食べないことで知られる深海生物「ダイオウグソクムシ」が餌を食べる珍しい姿を撮影することに成功しました。
    ダイオウグソクムシは、メキシコ湾などの水深およそ200メートルから2000メートルの深海に生息する、体長30センチほどのダンゴムシの仲間です。
    餌をあまり食べないことで知られ、三重県の鳥羽水族館では、飼育されていた1匹が去年2月まで5年余りにわたって絶食したほか、
    名古屋市の名古屋港水族館でも、飼育している2匹のうち1匹が7年9か月にわたって餌を食べていないということです。
    ところが、名古屋港水族館のもう1匹が、先月9日に餌のスルメイカの足を食べている姿を撮影することに、水族館の職員が成功しました。
    映像には、ダイオウグソクムシがあおむけになって、イカの足にしがみついて食べている姿が映っていて、職員によりますと、およそ4分間かけて3本の足を食べたということです。
    水族館では水槽のそばでこの映像を公開しており、京都から訪れた男性は「ずっと餌を食べずにいて、食べるときにはすごい食欲を見せることに驚きました」と話していました。
    水族館によりますと、ダイオウグソクムシは環境が変わったときに餌を食べることがあるということで、イカを食べたのは新しい水槽に入れられてから2日後だったということです。
    今月10日までには合わせて4回食べたということで、飼育担当の伊藤美穂さんは、「ダイオウグソクムシの生態はよく分かっていないので、来月、また餌を与えて、じっくり観察したい」
    と話していました。

    引用元 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151219/k10010345471000.html

    【【画像あり】ダイオウグソクムシが久しぶりにエサを食べました】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/12/18(金) 09:16:08.04 ID:SEKAOMO
     感謝の気持ちはトイレットペーパーで――。愛知県犬山市にトイレットペーパー1千個(3万円相当)の寄付があった。
    贈ったのはタクシー運転手の男性。乗車中に我慢できなくなって駆け込んだ市内の公園トイレに、きちんと紙が備わっていて感激したという。

     市によると、名古屋市在住の50~60代の男性で、ある日、犬山市内を走行中、便意をもよおした。見つけた公園で駆け込んだトイレには紙が備わっており、ほっとしたという。

     1千個のトイレットペーパーは今月上旬、市指定の納入業者を通じて市に届いた。男性は「切羽詰まっている時で『助かったあ』と思った。ぜひ公園トイレで有効活用を」と、寄付の理由を話したという。

     市公園緑地課の担当者は「トイレットペーパーの寄付は聞いたことがない」としつつも、「こんなに感謝してもらえるとは」と喜んだ。(中野龍三)

    no title

    http://www.asahi.com/articles/ASHDK5HKNHDKOBJB00T.html

    【【感動】「あかん、漏れる!」 死を覚悟して公衆便所へ駆け込んだ雲助、トイレ紙があることに感激し千個寄付】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/12/14(月) 19:40:36.31 ID:SEKAOMO
    元女子レスラー「デビル雅美」“第二のリング”はぬか漬けづくり 古里で奮闘中
    西日本新聞 12月14日(月)16時27分配信

    「デビル雅美」のリングネームで、女子プロレスの世界で30年にわたって活躍した吉田雅美さん(53)が、
    古里の北九州市でぬか漬け店の店長としてぬか漬けづくりに奮闘している。
    「プロレスの派手な技の裏には練習の積み重ねがある。ぬか漬けも地道な作業の継続が大事」と、
    ぬか床と“格闘”する日々だ。

    吉田さんは同市若松区出身。全日本女子プロレスに「興味本位で出した」履歴書が通過し、
    体力審査も合格。1978年に16歳でリングデビューした。現役時代はヒール(悪役)として、
    ジャガー横田さんや神取忍さんらと激闘を繰り広げ、人気を集めた。
     2008年に現役引退した後、若松の実家に戻り、近くのスーパーで働いていたところ、
    ぬか漬け店経営者から「体が丈夫で力持ち、料理好きな人を探している」と打診された。
    ぬか漬けづくりの経験は無かったが料理好きだったこともあり、11年に小倉城(同市小倉北区)の
    広場内にある「糠蔵(ぬかぐら)」の店長に就任した。

    全神経を指先に集中
     ぬか漬けの仕込みは午前6時に始まる。ぬか床のたる(重さ約10キロ)18個を
    保管場所から動かし、中をかき混ぜる。重労働だが「プロレスで全身を使った体の使い方が
    身に付いている」と苦にならない様子だ。
     ただ、ぬか床の管理を覚えるのには苦労した。気温や湿度のわずかな違いで味が大きく
    変わるためだ。ぬか床をかき混ぜる際の手触りで発酵具合を確認する。
    手応えを感じ始めたのはこの1年ほど。「全神経を指先に集中させる。けがをしないように
    気をつけるレスラーと同じ」と笑う。
     最近は現役時代のファンの来店が増え、記念撮影にも気軽に応じている。
    吉田さんは「今度はぬか漬けのファンになってもらえるよう頑張ります」と目を細めた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00010010-nishinp-soci
    no title


    |・ω・`) ジャガー横田との髪きりデスマッチを観てました

    【【写真】元女子プロレスラーのデビル雅美こと吉田雅美さん(53) 今はぬか漬け店店長】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/12/08(火) 18:11:21.17 ID:SEKAOMO
    正反対の性格なのに惹かれ合ってしまう男女がいるが、どうやら動物の世界でも、似たようなことが起こるようだ。

    というのも、本来なら捕食者と獲物という反目し合う立場にいる動物の間で、熱い友情が芽生えたのである。ロシアのサファリパークでエサとして放り込まれたヤギが、トラと仲良しになってしまったというのだ!! そんな、ちょっと微笑ましい出来事をお伝えしたいと思う。

    ・捕食者と獲物の間に熱い友情が!?

    捕食者と獲物の間で意外な出来事が起きたのは、ロシアのシュコトフスキーにある「 Far Eastern
    Safari Park:ファー・イースタン・サファリパーク」だ。そこで飼われているトラのアムールは、週に2回、
    囲いに放り込まれる生きたウサギやヤギをエサとしている。

    そして、獲物としてアムールの囲いに入れられた黒ヤギも、通常通り、アムールに食べられてしまう
    はずだったのだ。

    ・全くトラを怖がる様子がない肝が据わったヤギ
    しかし、この黒ヤギは今までトラを見たことがなかったからか、なぜか、全くアムールを怖がる様子が
    なかったのだとか。堂々とトラに近寄ったヤギは、なんとアムールと仲良しになり、挙句の果てには
    トラの寝床を奪ってしまったというのだ! 
    トラに関する前知識がなくても、動物の本能で危険を察知できそうなものだが、きっと、このヤギは
    肝が据わりまくっているに違いない。

    ・名無しだったヤギをティムールと命名!
    すぐ食べられてしまうエサだったため、名前すら与えられていなかった黒ヤギは、その勇敢さをたたえて
    ”ティムール” と命名されたそうだ。「アムールとティムール」とは、なんとも語呂合わせが良いネーミングである。
    毎日一緒に散歩するようになったという二頭だが、アムールの飼育員は、勇敢なティムールと警戒心の
    強いアムールの性格によって、二頭の立場が逆になったのではないかと語っている。
    捕食者と獲物という立場とはいえ、この二頭には、何か通じるものがあったのかもしれない。これから
    アムールとティムールが、サファリパークで大人気となることは間違いないだろう。

    ソース/ロケットニュース24
    no title

    画像
    https://pbs.twimg.com/media/CUvVTnrUEAAbiBp.jpg
    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=Sjw_BRNCimA


    https://www.youtube.com/watch?v=Sw8EFlEC2L0


    【【海外/動物】サファリパークで「エサとして放り込まれたヤギとトラ」が仲良しに・・・ロシア(※動画あり)】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/12/06(日) 13:36:46.32 ID:SEKAOMO
    no title

    生まれながらに後ろ足がない猫が、金属製の義足を2本付けて、歩けるようになった。
    3才になるこの猫の名前はヴィンセント。アメリカのアイオワ州立大学の
    医療センターで義足を埋め込む手術が行われた。
    幸運なこの猫は、新しい足を手にし、研究室の中を器用に歩く様子が公開された。
    猫の飼い主が初めてヴィンセントに出会ったのは、動物保護施設だったそうだ。
    そこは彼女の勤め先で、ひと目見て気に入り、家に連れて帰ったそうだ。
    手術後のヴィンセントを見た時は、
    こんな金属を付けた猫は普通じゃないから、正直ちょっと怖かったそうだ。
    http://www.happypost.top/archives/49450099.html

    【【画像】生まれつき足の無いネコ、義足を付けて歩けるようになる】の続きを読む

    このページのトップヘ