世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    発明・開発

      この記事をシェアする
    Azuay-stubfoot-toad-ventral-view

    1: せかおも 2015/09/03(木) 11:35:10.53 ID:SEKAOMO
    絶滅種のカエルを13年ぶりに再発見、エクアドル

    ■猛威を振るうツボカビ病の兆候なく、研究者らに驚きの声

     2002年に目撃されたのを最後に絶滅したと見られていたヤセヒキガエル属の1種(学名:
    Atelopus bomolochos)が、南米エクアドル、クエンカ近郊の森で生きていることがわかり、
    関係者を喜ばせている。

     しかも驚くべきことに、新たに見つかった集団には、彼らの絶滅の原因とされていた
    ツボカビの兆候が見られないという。

     再発見の意味は重い。なぜなら、このカエルは一帯に蔓延しているツボカビに、中南米で
    初めて感染が確認された種だからだ。

     オレンジ色とオリーブグリーンの体色を持つカエルに大きな打撃を与えたツボカビは、
    その他さまざまな要因と相まって、過去25年の間に両生類の数を激減させ、いくつもの
    種を絶滅の淵に追い込んできた。

    「ヤセヒキガエル属のカエルは、いわばドードーやフクロオオカミと同じような存在です」。
    エクアドルの首都キトにあるインドアメリカン大学の生物多様性・気候変動調査センター所長、
    フアン・マヌエル・グアヤサミン氏はそう語る。

    「過去には、彼らが数多く生息していた時期もあったことがわかっています」

     ヤセヒキガエル属はその後減少した。「このカエルの目撃情報がもたらされることもときには
    ありましたが、いつも勘違いばかりでした。ただし今回は違います」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ナショナル ジオグラフィック日本版 9月3日(木)7時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150903-00010001-nknatiogeo-sctch

    【【科学】絶滅種のカエルを『13年ぶりに』再発見?!ツボカビ病の兆候なく、研究者らに驚きの声―エクアドル】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/08/30(日) 20:37:00.78 ID:SEKAOMO
    元Apple CEOのJohn Sculley(ジョン・スカリー)がCEOを務めるObi Worldphoneは26日、アジア、アフリカ、
    中東などの新興国市場向けに低価格のスマートフォン「SF1」と「SJ1.5」の2機種を129ドルからの低価格で販売を開始することを発表した。

    販売価格は、SF1が2GB RAM/16 GB SSDのモデルが199ドル、3GB RAM/32 GB SSDのモデルが249ドル。SJ1.5が129ドルとなっている。

    主なスペックは、SF1は、5インチ(1920x1080ピクセル)ディスプレイ、Qualcomm Snapdragon 615 processorプロセッサー(4G LTE/Dual SIM対応)、
    13Mピクセルのリアカメラ、Dolby Audio Surround 7.1と内蔵マイクを利用したノイズキャンセリング機能付きオーディオなど。

    SJ1.5が5インチ(1280x720ピクセル)ディスプレイ、SJ1.5 Quad-core MediaTekプロセッサー(2G/3G/Dual SIM対応)、8Mピクセルのリアカメラなど。

    no title

    no title

    no title

    http://www.businessnewsline.com/news/201508280734240000.html

    【【画像あり】元Apple CEOのJohn Sculleyがスマホメーカー立ち上げ…Snapdragon 615、5型フルHDなどでお値段24000円】の続きを読む

      この記事をシェアする
    liberia-ebola-0820-horizontal-gallery

    1: せかおも 2015/08/26(水) 17:32:43.48 ID:???*.net
    ギニアで実施されたフェーズ3試験の中間解析結果が報告、エボラウイルス病の予防効果は100%

    エボラウイルス病(EVD)に対するワクチンの臨床試験で、有望な結果が報告された。患者の濃厚接触者など7651人を対象に実施されたNewlink/Merckエボラワクチン(rVSV-ZEBOV)のフェーズ3試験の中間解析で、
    接触後すぐにワクチンを接種した群では、EVDの発病が完全に防げることが明らかになった。

    http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/lancet/201508/543541.html

    【【朗報?!】ついに『エボラの恐怖』も終わりか?!エボラワクチンが治験で『完全予防』達成?!?!】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: 海外のせかおも 2015/08/09(日) 00:00:00.000 ID:SEKAOMO
    昨年の12月、テスラモーターズのCEOイーロン・マスクは「モデルS」に自動で繋がる「メタル・スネイク」と呼ばれる充電器を開発中だと発表した


    その後8ヶ月が経過し、 今回テスラモーターズはメタル・スネイクが充電をする様子を動画で公開した


    screen-shot-2015-08-06-at-2-07-05-pm


    まるでコブラのように自動で動き、車に接続し、充電する姿にはついつい魅せられ、見入ってしまうのではないだろうか

    7:世界面白ニュース速報(せかおも)7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7

    動画はこちら
    7:世界面白ニュース速報(せかおも)7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7
    【【最新テクノロジー】テスラモーターズが『ヘビ型の自動充電器』を開発?!車から降りずにエネルギーと投入できる時代に】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/08/09(日) 00:00:00.000 ID:SEKAOMO
    日本の「ココアモーターズ」という会社が、ものすごく画期的な発明をしたということで国際的に注目を浴びている


    その名も「WalkCar(ウォーカー)」


    ad


    まるで「ウォーキング・デッド」にでも出てきそうな名称だが、この商品は「持ち運び可能なセグウェイのような乗り物」だという


    商品の説明はこう書かれている


    「WalkCarは、カバンに入れて携帯できる世界最小の電気自動車です。
    行きたい方向に体を向けるだけで、自由自在に移動ができます。(カーブ/アクセル/ブレーキ操作)
    ノートPCサイズの本体は、気軽に持ち運べるので、いつでもあなたの「徒歩」をサポートしてくれます。
    つまり、「歩く」か「WalkCar」か、選べる時代が来たのです。」


    予約販売は2015年10月に開始予定とのこと

    7:世界面白ニュース速報(せかおも)7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7

    動画はこちら

    7:世界面白ニュース速報(せかおも)7777/77/77(七) 77:77:77.777 ID:7
    【【最新テクノロジー】日本が持ち歩けるセグウェイ『WalkCar(ウォーカー)』を開発?!海外メディアが大注目!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ