世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    テクノロジー

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/10/22(木) 08:53:59.40 ID:SEKAOMO
    まるでパソコンな「Surface Phone」スマホがやってくる…

    no title

    驚きのモンスタースペック!
    マイクロソフトと聞くと、普通はWindowsやOfficeなどのソフトウェア企業をイメージしますよね。
    でも、このところのSurfaceシリーズの大攻勢で、タブレットからノートPCまで手がけるハードウェア企業としての知名度も上昇中です。

    そんなマイクロソフトにとって、いまいち振るわないハードウェア事業がモバイル分野だと指摘されてきました。
    ノキアからスマートフォン事業を買収後、新たに設立された「Microsoft Mobiles」部門は、すでに80億ドル規模の大赤字を垂れ流し。
    LumiaブランドのWindows Phoneでの巻き返しに期待がかかってはいるんですけどね……。
    ところが、このほどマイクロソフトは、好調なSurfaceブランドにあやかって、Microsoft Mobilesの大幅なテコ入れを図っているとのリークが流れています。

    Surfaceの成功ポイントを、もっと大胆にLumiaシリーズのWindows Phoneへと取り入れ、
    その名も「Surface Phone」として生まれ変わらせて、来年春にも発売すべく開発が進んでいるんだとか。
    ちなみにSurface Phoneの噂のスペックがすさまじいものでして、パソコンも顔負けな6GBのRAMを搭載。
    HDDクラスの500GBストレージを装備し、市場に出回るスマートフォンの常識を覆すモバイル製品に仕上がると噂されていますよ!
    なお、Surface Phoneのほかのスペックとしては、5.5インチのタッチスクリーンを採用し、Lumiaでも定評がある20メガピクセルクラスの美しいカメラが備わると伝えられています。
    すでにタブレットとラップトップのラインナップがあるSurfaceシリーズへ、本当にスマートフォンが加わってくれば、
    iPhone、iPadにMacBookをそろえて人気を博すアップルとの、まさに全面対決がスタートすることになりそうですよね~。
    source: KPRG NEWS22
    (湯木進悟)
    http://www.gizmodo.jp/2015/10/surface_phone2016.html

    【【緊急朗報】MSがスペックお化けのWindowsスマホ「Surface Phone」を来年発売、規格外のスペック】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/10/22(木) 17:52:27.55 ID:SEKAOMO
    no title

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=0p1xNkKCF_U



    ■スマホ経由でのデータ管理が可能

    Ninebot Miniは、いわばSegwayの小型版で、大きな2輪の間に乗り、手は使わずにひざの間にバーを
    はさんでバランスを取りながら操縦する、スクーターとスケートボードの中間のような乗り物です。

    最高時速は16キロ、最高15度までの斜面を上ることができ、1回の充電で最長22キロまでの走行が
    可能です。重量は12.8キロと小型で、Xiaomiは「車のトランクにも楽々収まる」と説明しています。

    またスマートフォン経由でファームウェアをアップデートしたり、速度や動き、交通データなどを管理
    することが可能です。

    ■価格は4万円以下
    Ninebot Miniの価格は1,999人民元(約3万7,600円)で、11月3日に中国で発売となります。
    Xiaomiは中国以外での販売計画については明言していませんが、Ninebotのフランスのサイトでは
    「発売がきまり次第お伝えします」と記されているため、欧州で販売される可能性は高そうです。
    その後米国や日本でも発売されるかもしれません。

    (抜粋)
    http://iphone-mania.jp/news-89738/

    【【動画】中国Xiaomi、電動スクーターを38,000円で発売wwwwwwwwww】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/10/21(水) 20:05:10.52 ID:SEKAOMO
    世界初?一般男性がホームメイドでポータブル仕様の「レールガン (電磁投射砲) 」を製作

    no title


    自家製ポータブル「レールガン」を造り上げてしまった男性が、海外の技術系フォーラムを中心に大きな話題となっている。

    これは「NSA_Listbot」のハンドルネームで、オンライン画像共有サービスの Imgur や、ソーシャルブックマークサービス Reddit で活動している人物が、3D プリンターを使って製作した世界初の試みと考えられている。
    (今回のレールガン製作に当たって NSA_Listbot 氏は、PhysicsThings の世界最小を謳うレールガン作成ガイドと、Sam Barros 氏著の PowerLabs Rail Gun 2.0 研究レポートを参照にしているようだ)

    火薬・化学推進剤を使う従来型の小銃・火砲と違い、レールガンは「フレミング左手の法則」でお馴染みの「電流」と「磁界」から発生する物理力である「ローレンツ力」を活用した「電磁投射砲」。
    2 本のパラレル (平行) となった金属レールを砲身にし、電気を流し、発生した莫大なローレンツ力を利用することで砲弾を放出させる仕組み。

    仕組み上、その構造には大規模な電気回路が必要となり、①動力源 (電源)、②平行した 2 本のレール、③移動電機子 (moving armature) の 3 つで主に構成される。
    今回の自家製ポータブル レールガンの場合、6 つのコンデンサ (capacitors)、9 キログラムの重量からも「ポータブル」とは言えども、一般的なライフルと比べてかなり大型になってしまうようだ。
    これら 6 つのコンデンサによって 1,050 ボルトを供給し、1.8 キロジュールの射出エネルギーを生み出している。

    試射の様子を示した映像では、アルミニウム製の発射体が毎秒 250 メートルの速度で射出され、
    90 センチメートルほど離れた場所に置かれた鉄製の裏張りのあるベニヤ板に当たって跳ね返り、1 センチメートル強の凹みを付けている。

    no title

    no title


    http://imgur.com/a/w4OgF
    http://news.militaryblog.jp/e704400.html

    【【緊急】海外の男性、3Dプリンターを使って「レールガン (電磁投射砲) 」を自作wwwwwwwww】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/10/21(水) 20:21:36.46 ID:SEKAOMO
    イギリス企業、圧縮空気を利用したまったく新しい再生エネルギー発電施設を建設へ

    イギリスで風力発電風車によって生じた風力を圧縮空気として地下の洞窟内に蓄えておき、風が吹かない穏やかな日には、
    洞窟内に蓄えた圧縮空気を利用してタービンを回して発電を行うというまったく新しい方式の再生エネルギー発電の実験が行われることがBBCニュースの報道で明らかとなった。

    実験施設は、EUが650万ユーロ(約9億円)の資金援助を行うことで、風力発電事業者のGaelectric社によって、北アイルランドのアントリム州の沿岸地域に多数存在している洞窟を利用して建設が予定されている。
    EUの資金援助により計画推進にゴーサインがでたこのまったく新しい再生エネルギー発電施設となるが、自然の洞窟を圧縮空気の保管施設として利用するというこの考え方に対しては、
    保管施設となる洞窟内の生態系に多大な影響を及ぼすとして、環境保護団体からは反対の声も高まっている。

    no title

    no title


    http://www.businessnewsline.com/news/201510210919130000.html

    【【緊急】イギリス企業、風の吹かない日も発電できる風力発電施設を建設!!!!!!】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/10/11(日) 22:17:52.91 ID:SEKAOMO
     Forrester Researchが公表したレポートによると、米国では何らかのインターネットアクセス手段を持つ18歳以上の21%が
    スマートウォッチやスマートグラス、スマート活動量計などのウェアラブルデバイスを使っているという。
    Forrester Researchは「消費者にウェアラブルデバイスが普及し始めた」とした。

     具体的なデバイス別の普及率は、活動量計リストバンド「Fitbit」が36%で最多。
    2位も活動量計で「Nike Fuel Band」の16%。スマートウォッチの認知度を飛躍的に高めた「Apple Watch」は16%で同率2位。
    スマートグラス「Google Glass」は15%で3位になった。主なウェアラブルデバイスの普及率は以下のとおり。

    Fitbit:36%
    Nike Fuel Band:16%
    Apple Watch:16%
    Google Glass:15%
    GoPro:13%
    Samsung Galaxy Gear:13%
    Microsoft Band:11%
    Jawbone:10%

    http://japan.cnet.com/marketers/news/35071368/
    no title

    【【速報】米国ではウェアラブルデバイスの普及率が21% …Fitbitが最多の36%、FuelBand、AppleWatchなどが続く】の続きを読む

    このページのトップヘ