世界面白ニュース速報

ありえない?!?!海外のあらゆる面白ニュースを配信します!

    RSS Feed Widget

    発見

      この記事をシェアする
    5_03

    1: せかおも 2015/11/17(火) 19:50:40.30 ID:SEKAOMO
    2015年11月17日 12時00分

    感染してわずか1週間でHIV検査を自分ででき、わずか1時間で結果が分かり、費用はわずか5ドル、という“わずか”だらけのHIV検査キットが開発された。
    発明したのが「わずか」15歳の少女と聞いては、驚きを通り越してしまう。これが普及すれば 、いつでも、どこでも、こっそりと、HIV検査ができるようになる。
    この手軽さは、「心配だけど怖くて検査を受けに行けない」という人たちの強い味方になってくれそうだ。

    ■「ウインドーピリオド」 感染3カ月後でないと正確な検査結果出ず
    HIV検査は保健所で無料で受けられる。しかし、心当たりがあっても検査を受けない人が多いのだ。
    こっそり検査できる検査キットもあるが、「陽性」と出た場合でも、医療機関で診断を受けなければ陰性か陽性かの判断はできない。
    HIVの感染拡大を防ぐには、感染した人を早く特定する必要がある。感染に気づかないままいつも通りの生活をしているうちに、エイズを発症してしまう“いきなりエイズ”が増えている。
    感染の心配はしていても検査に二の足を踏んでウイルスを広げてしまう危険もある。現在の検査方法では、感染後3カ月以上たっていないと正確な結果は出ないという制約もある。
    現状の検査法がHIVを直接検出するのではなく、抗HIV抗体を検出するものであるため、感染してもすぐには抗体ができないことによる3カ月の「ウインドーピリオド」があるのだ(>>1)。

    ■感染1週間後の初期ステージで検査可能 コストは5ドル以下
    少女が発明した検査キットがすごいのは、いま紹介したHIV検査の弱点を見事にクリアしていることだ。
    検査は、指先に小さな針を刺し、出てきた血液をチップに通すことによって感染の有無が分かる。それも、わずか1時間でだ。
    さらに、HIV感染後わずか1週間の初期ステージの段階でも検査ができるのだ(>>>2)。
    世界中で多く採用されているHIV抗体検査でも、即日検査なら1時間で結果が出るが、検査の空白期間と言えるウインドーピリオドまでは克服できない(>>3)。
    その「空白期間」を、2カ月以上も短縮できるのだ。さらに、生産コストも5ドル以下に抑えられるという。

    ■アフリカのへき地でも検査可能 ノーベル賞の夢も
    発明者の15歳の少女についての紹介がまだだった。彼女はカナダ人のニコール・タシャ さんで、カナダのバンクーバーの高校に通っている。
    研究は、サイモンフレーザー大学の研究スタッフの協力で進めた。

    「彼女のシンプルで素早く結果が出せる検査方法は、発展途上国でHIVの初期ステージにある大勢の患者たちの命を救うか、そうでなくとも延命するのに役立つはずだ」と、研究スタッフは話しているという(>>>2)。
    確かに、この検査法であれば、医療施設のないアフリカのへき地でも、容易に検査ができ、感染拡大防止に劇的な成果が得られる可能性がありそうだ。
    2014年に当時17歳でノーベル平和賞を受けたのは、マララ・ユスフザイさん。彼女に次ぐ10代少女のノーベル賞受賞という夢を見たくなってくる。

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20151117/Circl_6852.html

    【【科学】“いきなりエイズ”の不安解消!1時間でHIV検査、15歳の少女が発明】の続きを読む

      この記事をシェアする
    denovo3

    1: せかおも 2015/11/07(土) 21:59:06.96 ID:SEKAOMO
    米国の生物学者らが驚異的な寄生虫を発見。
    この寄生虫はなんと人体に入り込み、悪性腫瘍に変化することがわかった。

    この寄生虫が見つかったのは41歳のコロンビア人。この男性はエイズにも感染しており、腸内には小型の条虫がうじゃうじゃ寄生し、
    しかも肺、リンパ系はガンで侵されている。リアノーボスチ通信が報じた。

    がん細胞が通常の細胞より極端に小さいことに驚いた研究者らがこれを分析に出すと、その細胞は人間のものではないことが判明した。

    専門家らは患者の免疫系が弱体化したため、条虫がリンパ系に入り込むのを許してしまい、その後、これが全身に拡大したのではないかとの見方を示している。
    健康体であれば、条虫が入り込んでも普通は便とともに排泄される。

    条虫の幼虫は巨大な数の幹細胞を有している。この幹細胞のなかの突然変異したものが条虫に犯された有機体の中で止め処もなく増加し始める。

    http://jp.sputniknews.com/science/20151107/1136784.html

    引用元: ・http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446901146/

    【【国際】ガン細胞に変化する寄生虫を発見 米国の生物学者ら】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/11/04(水) 19:48:35.10 ID:SEKAOMO
    no title

    モフモフした毛とユニークな性格から愛される猫ですが、
    研究者たちによってこの度彼らのダークサイドが明らかにされました。
    エディンバラ大学とブロンクス動物園により行われた研究では
    家庭で飼われている猫とネコ科の動物の比較が行われました。
    研究差たちは‘ビッグファイブ’として知られるテストの方法を用いて
    レオパードと野生の猫、そしてアフリカライオンを家庭の猫と比較しました。
    その結果、凶暴性や神経の振る舞いが家庭の猫とよく似ていることが分かりました。
    http://www.lovepeace.top/archives/46835815.html

    【【びっくり】ライオンとネコの気性の荒さはほぼ同じであることが判明 ネコは小さなライオン】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/11/02(月) 21:05:44.14 ID:SEKAOMO
    グレムリンのような見た目の新種のコウモリが発見されました。
    no title


    このコウモリが発見された場所は、なんとロンドン自然史博物館の保管室。
    1983年にCharles Francis氏がマレーシアでこのコウモリを捕獲して以来、
    30年以上も瓶詰めの状態で保管されていたそうです。
    コウモリは発見者のCharles Francis氏の名前を取って
    「Francis' Woolly Horseshoe Bat(学名Rhinolophus francisi)」と名付けられました。
    no title

    no title

    no title

    http://www.animalgeo.com/archives/1044049331.html

    【【画像】ヤバい風貌の新種のコウモリが発見されるwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      この記事をシェアする
    1: せかおも 2015/11/02(月) 19:34:34.91 ID:SEKAOMO
    シベリアで氷河期の絶滅ライオン見つかる
    ナショナル ジオグラフィック日本版 11月2日(月)7時40分配信

    永久凍土から凍結状態で、保存状態はきわめて良好

    ロシアのシベリアにある氷河期の永久凍土層から、凍った状態のホラアナライオンの子どもが複数体発見された。
    これほどの保存状態で発見されたのは、同種としては初めて。

    公開された写真からは、発見されたホラアナライオンのうち少なくとも1頭は、毛皮までそのまま保存されていたことがわかる。
    このサンプルは、少なくとも1万年以上この状態だったことになる。

    「私の知る範囲では、先史時代のネコ科の動物がこのレベルの保存状態で発見されたことはありません。
    つまり、これは本当に驚くべき発見です」と言うのは、ネコ科の化石を専門とする米デモイン大学のジュリー・ミーチェン氏だ。

    ホラアナライオンは、1810年に初めて文献に登場して以来、ユーラシア大陸や北米大陸でその痕跡が見つかっている。
    しかし、これまでに発見された化石は、骨と足跡に限られていた。

    科学者らは、発見の詳細については口をつぐんでいる。

    ロシアのサハ共和国科学アカデミーの古生物学者アルバート・プロトポーポフ氏は、
    11月17日に予定されている記者会見で初期所見を発表するため、今は質問に答えないとしている。
    同じ記者会見の場で、同地域でのもうひとつの大発見である「ユカ」(ケナガマンモス)についても取り上げるという。

    それでも、インターネットはホラアナライオンの話題で持ちきりだ。
    氷河期の子ライオンの写真は、ネコ科の愛好家と古生物学者の双方をにぎわせている。
    ミーチェン氏は言う。「初めて見たときは信じられませんでしたが、どうやら真実のようだとわかったときは、畏敬の念を抱きました」

    ホラアナライオンは、現在のライオン(Panthera leo)の亜種である。
    ゴツゴツした洞窟だけでなく広い草原でも行動していたため、ステップライオンの別名を持つ。

    今回の発見の重要性は見た目だけにとどまらない。
    科学者は、「これらの幼獣の死因に関する情報や寄生虫保有量を知ることができるはず」とミーチェン氏は言う。
    さらには、胃の中に母乳が残っていれば、親ライオンが何を食べていたのかを知ることができるかもしれない。
    今回の発見は、それほど古くない極寒の世界への新たな窓を開いたのである。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151102-00010002-nknatiogeo-sctch

    画像
    no title

    【【国際】絶滅したホラアナライオン発見…永久凍土から凍結状態で、保存状態はきわめて良好-露シベリア】の続きを読む

    このページのトップヘ